BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

ヨドバシカメラは家電量販店からネットスーパーへ?

0 1,308

 

カメラはヨドバシカメラ♫

 

筆者が子どもの頃、テレビから絶え間なく流れるコマーシャルの歌が耳に残った。

丸い緑の山手線 真ん中通るは中央線 新宿西口駅の前 カメラはヨドバシカメラ

さらに、歌詞は、時代と共に、ヨドバシカメラが何を売っているのかが分かる。

若者集まる新宿に うれしいカメラの店がある ビデオも時計もそろってる ビデオもヨドバシカメラ

新宿西口駅前に 大きなカメラの店がある パソコンワープロそろってる ゲームもヨドバシカメラ

よいママよいパパよい家族 電化製品そろってる いつでもみんなの合言葉 家電もヨドバシカメラ

歌同様に、カメラや、時計など、新宿西口のヨドバシカメラで店員との値段交渉や、ゲーム発売日に、深夜から並ぶ青年たちの姿など、ヨドバシカメラならではの印象深い思い出が頭によぎる。

 

ヨドバシカメラ、ネットでは鮮魚販売

 

ヨドバシカメラは年内にも、鮮魚のネット販売に乗り出す。

すでに6月からは、ネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で生鮮野菜を販売している。
肉や卵など、生鮮食料品の取り扱い品目を大幅に拡充する予定で、「家電量販店」を超え総合通販サイトへと姿を変えてきた。

もはや、1970年代のCMソングの「家電量販店」のヨドバシカメラの商品と、全く違う商品ラインになり、配送スピードでは都市部中心ではアマゾンよりも早く、物流のヨドバシカメラとも呼べる勢いだ。

川崎市と神戸市に物流センターを持つヨドバシカメラは、家電製品などヨドバシが強みを持つジャンルでは、アマゾンより早く届き、一部店舗では24時間受け取りや、深夜・早朝を問わず希望の時間に個別配送するチャーター便などのサービスもある。

ヨドバシは、川崎にある物流施設に100億円超を投じ、延べ床面積を2016年には現在の6倍に拡張する計画だ。
さらに、18年末までに300億円を投じ、三重県桑名市と北海道、九州の3カ所に物流施設を設ける計画を打ち出している。
「エクスプレスメール便」として、東京都中野区を中心に、6時間配送の試験運用を始め、小型の商品であれば発注から最速で6時間以内に届く。2015年中にも東京23区へと対象を広げる。

 

事業の転換をビジネスプロデューサーはどうみるか?

 

ヨドバシカメラは、新卒採用HPで、ヨドバシカメラの経営理念は、

お客様、街、メーカー、そして社会にとって「なくてはならない存在」でありたい。

と謳っている。

消費者は、「もう社名から、カメラという文字を取った方がいいのでは?」「一体、なに屋なんだ」という声が上がっている。

コンセプトが事業やビジネスにとって、重要であると言い続けるビジネスプロデューサーは、果たして、カメラを失ったヨドバシカメラの事業転換を、どう予測するのだろうか。

返信を残す