BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

未来を創る発想は自然が教えてくれる-未来家電

0 1,102

Electrolux Design Lab 2013は、スウェーデンのストックホルムにある家電および業務用電機メーカー、エレクトロラックス(Electrolux )社が、毎年開催している世界規模のデザインコンペティションで、工業デザインを学んでいる大学生および大学院生を対象に、未来の家電製品の革新的なアイディアを発表する場となっています。

2013年のデザインラボは、60カ国から1,700以上のエントリが殺到し、コロンビアのエイドリアンペレスサパタ氏が考案したMab System-ミツバチの飛ぶ様子からヒントを得た、数百のミニロボットを飛ばし、家の中を清掃する自動洗浄システムが最優秀賞を獲得しました。

エレクトロラックス社は、2010年、世界2位の家電メーカーで、「Thoughtful Design(思いやりのあるデザイン)」をコンセプトに商品開発をしています。北欧のデザインの伝統を守りながら、消費者の意見を取り入れ、多面的にブランド経験の価値を高めています。

また、「Thinking of You」(お客様のことを考える)という言葉に、顧客の興味をつかんだ瞬間から、購入、設置、使用、そして最終的な処分に至るまでの製品寿命のあらゆる局面で、機能、有用性、感触、外観、総合的な使用感や満足度すべてに反映したデザインを考えているといいます。

デザインとは、ただ見てくれだけではなく、入り口から出口までのシステム化された流れをもってこそ、生かされていくのでしょう。

ミツバチの「社会的昆虫」と呼ばれる習性から、23歳のデザイナー、エイドリアン・ペレス・サパタ氏が考案したMab System。

Mabは、掃除の時間になると、対象の部屋に移動し、センサーが詰め込まれた球状の本体は、内蔵スキャナやセンサーで室内の汚れがどの程度かなど部屋の状況を調査します。
その後、小型飛行ロボット部隊(正確には908機)が飛び立ちます。
彼らのの使命は、人間以外を察知し、埃や汚い表面をきれいにすること。
彼らは敵(汚れ)と戦うために、攻撃準備の水と洗浄液を積み込み、落ちない汚れには、燃料補給のために本体に戻ってきます。
さらに、洗浄液で汚れを落とすだけでなく、彼らは埃や汚れの粒子を 採取することも可能。
分析部隊も完備しています。
翼にはソーラーパネルが埋め込まれ、作業はエネルギー効率が良くかつ高速で行動できます。

まさにミツバチの巣作りの行動と、とてもよく似ています。

未来を創り出すためには、自然の力こそが大きなヒントを与えてくれるのかもしれません。

返信を残す