BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

Google検索でリアルタイムツイート再導入

0 345

Googleは、Twitterのリアルタイム検索復活を行うと発表した。現時点では主要言語が英語で、AndroidおよびiOSのみに限定されている。
将来的には、より多くの言語やプラットフォームへの対応を果たすという。

Google公式ブログでの発表⇒ Tweets take flight in the Google app

Twitter公式ブログでの発表⇒ A new way to discover Tweets

YahooとMicrosoftはそれぞれTwitterのリアルタイム検索を導入している。
Googleは2009年に導入し、2011年の契約更新をせずにいた。

GoogleはTwitterにデータのライセンス費用(掲載料)を支払うことに合意。

Googleのメリット:リアルタイムで起きている事柄や事件などに関する情報を収集する上で役立つ。

Twitterのメリット:Google検索からのTwitter認知でユーザー増加により収益アップと、TwitterにログインしていないユーザーをTwitterに連れ戻すことができる。

検索対象には、個別ツイートに加え、ハッシュタグやTwitterアカウントも含まれる。

ユーザーのメリットは?と考えてみると、Twitterへの気軽なつぶやきが、Google検索で人の目に触れる可能性も高くなる。

近年、アルバイト先で食品や店舗内で、悪戯の域を超えた非常識な行動を取り、それが仲間内でのことと思い込んで、世間から非難や批判を浴びる人たち(若者から大人まで)がクローズアップされている。

目立ちたいという彼らだけでなく、何の気無しにつぶやいた言葉が世間をにぎわす原因になるかもしれないという危機管理をもって、ネットと付き合うことが、より重要になるのではないだろうか。

Twitterというアプリケーション内の閉ざされた空間は消え、検索上手な人や、ある目的をもって調査の材料を探す人にとっては、朗報といえるのかもしれない。

返信を残す