BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

米連邦通信委員会が周波数オークションを実地予定を発表

0 982

米連邦通信委員会(英語名:Federal Communications Commission 略称:FCC)が、1900MHz帯の「Hブロック」について、周波数帯オークションを実施する予定であると発表した。早ければ来年1月14日にも行われる。
Upper 700MHz Bandと呼ばれる周波数帯の競売が行われた2008年以来の本格的な周波数帯オークションとなる見込み。

今回のオークションは、1915~1920MHz(上り)と1995MHz~2000MHz(下り)の合計10MHzで、米議会がFCCに2015年2月までにオークションにかけることを命じている65MHzのHブロックの一部である。
米国の176の地域にまたがる周波数帯で、FCCはオークションの開始額や実施方法について意見を募集し、8月16日までにフィードバックを行う予定。

この周波数帯に関して、スプリント(アメリカの加入者数第3位の携帯電話事業者)や、ディッシュ(アメリカの衛星放送サービスを提供。スポーツ専門をはじめとするHDTVや全米の地上波ローカル局再送信を含む多数のチャンネルを放送していることから、5つの異なる経度、2つの周波数帯(Kuバンド、Kaバンド)の通信衛星を使用している)が隣接する周波数帯を保有していることもあり、既存の周波数帯を拡張できる両社が入札に参加する可能性が高い。

さらに、FCCはテレビ放送用に割り当てられている600MHz帯の周波数帯をモバイルネットワークに転用することも計画している。こちらのオークションは2014年後半に実施される見込み。

日本でも、周波数オークションを求める声が上がっている。
本年1月。総務省は、電波の周波数を競争入札により通信事業者に割り当てる「電波オークション」の導入を撤回した。
海外の周波数オークションを鑑みて、その透明性と国の財源として、多いにメリットのある周波数オークションを導入できない理由は、大手企業を守ることが先に立つというお国柄であるからだろうか。

電力に限界が現われたように、いつか、周波数にも限界があるのだろうか。
宇宙と同じく、周波数は、人智の及ばない過去から存在していた。
その限界を超えるような資本主義体質は、一体、なにを人類に問いかけているのだろうか。

返信を残す