BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

ALSOK、ドローン対策の取り組みスタート

0 419

Amazon Prime AirをBPA JAPANでお伝えしたのが、2013年12月。
「くらげが空を飛ぶ?」と題してドローンの可能性を記事にしたのが、2014年1月。

今年4月には、日本で、千代田区の首相官邸の屋上に小型無人飛行機(ドローン)が落ちているのを官邸職員が発見。機体に取りつけられていた容器からは放射線が検出され、犯人は逮捕された。

さらに本日、14日に皇居・国会議事堂近くの千代田区永田町の憲政記念館近くで、ドローンを飛ばそうとしている男がいると110番通報があり、警視庁麹町署員が駆け付け、横浜市の少年(15)を発見。同署で事情を聴いて厳重注意した上で、保護者に引き渡したが、今月9日に長野市の善光寺境内に落下したドローンを操縦していた少年と同一人物とみられている。

東京都では管理するすべての都立公園と都立庭園計81園でドローンの使用を禁止した。

これらの事件で、ドローンの運用や、警備体制などの問題点が明らかになった。首相官邸の屋上は巡回警備の対象外であったことから、警備体制の総点検と見直し、さらに、政府は、重要な施設の上空の飛行制限について新ルール作成の他、ドローンの所有を登録制にすることも検討している。

ALSOKでは、センサーを組み合わせて警戒領域への侵入を早期に検知する「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント®」を発表

音響センサーや画像センサーなどを組み合わせて、ドローンの侵入を早期に検知・識別して、コントロールセンターで音声データベースとのマッチングや機体識別、リスク分析や対応指示などを行い、関係者や関係機関に通報すると同時に、IT機器を装備した警備員がリスクに応じた対応を実施するという。

費用は検討中だが、警備員を長時間配置する人件費よりも割安だという。
今回のように、放射線物質等、人体に影響を及ぼす場合には、人間の警備による人命に関わることは、ドローンに担ってもらう方が安心かもしれない。

ドローンは、1万円代から百数十万円のものまで販売しているが、15歳の少年が手に入れることが可能になっている時代、セキュリティという面は、非常に重要なビジネスになっていくのではないかと思う。

(PHOTO:succo)

返信を残す