BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

明治HD子会社 Meiji Seikaファルマがインドのメドライク社買収を発表

1,362

明治ホールディングス株式会社の事業子会社であるMeiji Seikaファルマ株式会社およびグループ会社は、Medreich Limited(メドライク)の全発行株式を取得すると発表。

株式取得価額は2億9000万ドル(約296億円)。

明治ホールディングスは、メドライクの株式を保有するMed Holdings (UK) Limited、Nokha Holdings Private Limited、V-Sciences Investments Pte Limitedから全発行済株式を取得し完全子会社化する方針。

インドを生産拠点とするメドライクは、医薬品製剤の受託製造(CMO)・受託開発製造(CDMO)およびジェネリック医薬品の製造・販売を、欧州、アジア、アフリカなどに向けてグローバルに展開している。

買収により、低コスト生産かつ生産数量の拡大のためのインフラ獲得、低価格薬剤の需要増加が見込まれるインドやアジア・アフリカ諸国におけるジェネリック医薬品の販売網拡大を図る。
ジェネリック事業は、国内外問わずコスト競争力の強化が必須であり、その点においても買収にメリットを見出したとみられる。

翌々日には、薬価制度改定などを背景とするジェネリック市場の競争激化を受け、具体的な成果が挙がらなかったため、抗がん剤後発医薬品に関するフレゼニウスカービジャパン社との提携解消を行っている。

ジェネリック事業は、国内外問わずコスト競争の激しいビジネスだ。
ビジネスプロデューサーは、この取り組みをどう感じるだろうか?

コメントは締め切りました。