BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

e-Davidはアーティストになり得るのだろうか?

0 567

ドイツ、コンスタンツ大学のコンピューター科学者たちが開発したロボット「e-David」は、優れた模写アーティストと言ってもいいかもしれません。

e-Davidの動画をご高覧ください。

http://vimeo.com/68859229

「e-David」は、仕上がった作品というよりも、その過程での動きが芸術といってもいいほどに、絵筆を巧みに操るロボットです。
「Drawing Apparatus for Vivid Image Display(ビビッドなイメージディスプレイを描くための描画装置)」の頭文字をとって付けられています。

e-Davidには、カメラが搭載され、24色のパレットと、描き出す絵を作成するために、スタートからゴールまでの手順(作業過程で、次はどこに、どの色を置くか)を計算するソフトウェアが搭載されています。そして最後に、Davidのサインを入れます。

モノクロから、水彩、油絵と、描き出される絵は、作り上げられた絵そのものよりも、その過程を芸術と呼びたくなるように感じます。

日本でも慶應大学 桂誠一郎准教授開発の「モーションコピーロボット」は世界で注目されています。書道の達人の動作を「モーションコピーシステム」を通じ保存することよって、書の筆使いと力の入れ加減までを、その書道家の作品をいつでも忠実に再現することができます。
その映像が海外で取り上げられています。

http://youtu.be/G0ASmb3QFKE

筆というのは、一球入魂に近い、書のオンリーワンの醍醐味でもありました。
文字は、癖はあれど、コピーでない限り、まったくの同じものを書くのは無理なことでした。

その無理が可能になる時。

人間は、どのように芸術を受け止めるのでしょうか。

返信を残す