BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

2枚の木板でサンドイッチした組立て自転車

0 604

8月にドイツで開催された世界最大級の自転車ショー、ユーロバイク。
世界中のあらゆる自転車メーカーと関連企業が2014年モデルを紹介する中で、ひと際、目を引いたのは「SANDWICHBIKE(サンドイッチバイク)」という、フラットな木の板でサンドイッチのように挟み、組み立てる自転車。

フレームのデザインと質感はモダンでありながら、子どものおもちゃのような懐かしさも。

現在、「SANDWICHBIKE」サイトにて799ユーロ(約10万5000円)からプレオーダー中。

デザインしたのはオランダ・アムステルダムでデザイン事務所Bleijhを営む工業デザイナーのBasten Leijh。

IKEA家具ののフラットパック(家具の設計からデザイン、パーツの分割などを、梱包の体積を最小限にするために工夫されている)をヒントに、平らな木の板とそれぞれのパーツをデザインしたという。
美しいデザインと製品の輸送のしやすさ、組み立てやすさが、ハンドメイドの流行とも相まっている。

2006年に台湾(自転車生産の世界最大の拠点でもある)で開催されたthe International Bicycle Design Competitionでコンセプトモデルを出品。
2007年にプロトタイプを製作。
2010年から本格的な開発がスタート。
2013年の夏、プロダクションモデルにまでこぎ着けた。

簡単な工具を使って自宅で組み立てられる自転車で、フレームに溶接部がないのが目玉だ。
木材ということで重量が一定でなく、組み立てのバラつき(自転車は組み立てる人によって走り心地や安全性が左右される)などが気になるところ。

ブレーキはシマノのシングルスピードコースターブレーキ。
フロントブレーキがないので、このままでは日本の公道では乗ることができない。
板はビーチ・プライウッド(ベニヤ板)。
コーティングされているので、ちょっとした雨ならば大丈夫だろう。
ホイールは26インチ。出荷時のタイヤはシュワルベ・ビッグアップル。

しかし、存在そのものがユニークで遊び心満載だ。
木製自転車の多くはデザイン的、構造的に、金属のパイプ部分を木材に変えたものや、カーボンモノコックを木材に変えたようなものが多かった。
木材そのものの良さを生かした「SANDWICHBIKE」は、やはり街中でも、人の目を引く存在になるだろう。

返信を残す