BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

マクドナルドの危機?1月全店売上高38.6%減

0 384

2014年7月に期限切れの鶏肉が混入していたことが発覚して以来、商品に異物混入事例があちこちから報告され、とうとう、1月の全店売上高が38.6%減となった。

消費者の食に対する不安も大きな原因であろうが、それまでのサービスに対しての不満が吹き出したとも言える。

お弁当を持ち込む客に注意をしない。
床が汚れている。
注文したナゲットのソースを忘れられた。

そのような日常の小さなストレスが積み重ねられたヘビーユーザーの不満が、一気に表層に現れたともいえる。

離婚する夫婦によくある原因にも通じ、消費者とマクドナルドの蜜月の終焉の時期と称することもできる。

以前のマクドナルドは、売上を上げるためにどうしたらいいのか、店舗ごとに、割引クーポンを配ったり、外で試食をさせたりという工夫をし、店長の采配で売上が上がったといわれている。

現在は、マニュアル販売で、バイトのシフトもコンピューターではじき出され、店員一人分の無駄というような合理的な経営となっていることも、働く人間の意欲をそいでいるという声も聞かれる。

「マクドナルドの店員が決して食べないメニュー」としてネットに漂っている記事は、それらが理由の一つかもしれない。

一方、株価の値下がりを受け、虎視眈々とマクドナルド株を狙っている投資家もいる。

ビジネスは、社員や顧客のことを第一に考えろ!といわれる。

しかし、投資家の目を意識していなければ、ボランティアとしか呼べなくなるビジネスとなる場合もある。

ビジネスではお金を出すキーマン、ジャッジを下すキーマンの存在を無視することはできない。

3月9日。東京大学キャンパス内で、ビジネスプロデューサーに欠かすことのできない「投資家」の目を養うBPA LIVEが開催される。

BPA LIVE Vol.36は、BPA EVENTSから参加可能だ。

ビジネスを始めるにおいて、投資家の目や考えを学ぶことは非常に有効だ。
BPA LIVE Vol.34で語られた「シリコンバレー見聞録」でも、「やり抜く能力があるのか」「1分でどんなビジネスかを見抜く」のが、投資家であると学んだ。

投資家向けのプレゼンテーションデモと、投資家視点で、ビジネスを読み解く時間は、ビジネスプロデューサーを目指す者をはじめ、ビジネス初心者にとって、刺激ある時間になることだろう。

返信を残す