BPA JAPANは、ビジネスプロデューサーという存在にフォーカスしたビジネス情報サイトです。運営は、一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会の事務局運営を受託している株式会社クラブマネジメントが行っています。

世界に立ちふさがる壁を乗り越えるソフトバンク

0 619

ソフトバンクは8月8日、2015年3月期第1四半期決算を発表した。売上高は2兆円で、2期連続で過去最高の業績となった。

世界を見ると、EBITDAは11期連続最高益となる5,921億円。
しかし、営業利益は3,376億円で、前年同期比16%減。

これは前年にガンホーを子会社化したことにより、一時益が4,001億円にまで達していたためで、孫社長は「実質的には35%の増益になる」と解説している。純利益は68%減だが、アリババの上場にともなうIFRS調整損などが含まれ、一時損益を除くと、90%の増益になるとのこと。

米国で展開するスプリントでは、営業黒字を継続。4~6月期の連結営業利益は5.19億ドルに達した。
ネットワーク改善を進め、音声接続率は99.5%、LTE接続率は99.6%にまで改善した。パケット接続率、データ接続率(4G圏内)についても大幅に改善してきているが、顧客の獲得が進んでおらず、純減の状態。

スマートフォンのゲーム市場においても、ガンホーの「パズル&ドラゴンズ」のダウンロード数(国内)は2,900万超に到達。
売り上げの世界ランキングは、グループ会社が提供するタイトルが上位を独占。

さらに、ソフトバンクでは、Google社の事業部門の総責任者であったNikesh Arora氏をバイスチェアマンに迎え入れ、世界戦略をさらに推し進めていく考えだ。

ビジネスプロデューサーは世界の視点でビジネスをみている。
ソフトバンクが、これから、乗り越える世界の壁は、一体、どのような壁だと予想されるだろう?

説明会資料・動画は以下から見られます。
⇒ http://www.softbank.jp/corp/irinfo/presentations/

返信を残す